未 来 を 創 る

未 来 を 創 る


AI + Design + Technology AI + Design + Technology







世界が語るDesignとTechnology 世界が語るDesignとTechnology

開催概要

Future Brain Lab Project (主宰:中川 聰)は東京大学の協力を得て、各国の先端デザインとテクノロジーの専門家をゲストに招聘して、国際シンポジウム「DESIGN AND TECH FOR THE PLANET」を東京大学 伊藤謝恩ホールにて2019年3月19日(火) ~ 20日(水)に開催致します。
国際シンポジウムを主催するFuture Brain Lab Projectは、我が国の産業やデザイン界における次世代の先端テクノロジーとデザインの研究開発を通じて、国際社会と将来の産業界により大きく貢献できる人材の育成を 目標に掲げ設立される事業開発活動です。
今回の国際シンポジウムは先端のコンピューターテクノロジーを活用した新たなデザイン理論であるGenerative Designと、センシングテクノロジーの未来を拓くセンシング理論Super Sensing Technologyの二つのテーマで構成されます。世界で活躍する8人の専門家による講演は、企業の研究分野からマーケティング分野に至るまで、幅広い領域で活用できる多くの知見を含むものと考えます。

3/19 DAY-1 Generative Design

David E. Benjamin

Columbia University


ハーバード大学で学位取得後、コロンビア大学建築大学院で修士課程を修了。 その後、Autodesk社のスタジオ「The Living」を企画監修し、バイオ素材や有機的なアルゴリズムを使用した設計方法の確立など革新的なデザイン理論の構築と実践を通して、多く建築連盟や芸術財団などから数多くの賞を獲得している。現在はコロンビア大学建築大学院で助教授も務め、世界各国で新たな建築環境デザインプロジェクトに携わっている。

豊田 啓介

noiz


建築家。東京大学工学部建築学科卒業。1996-2000年安藤忠雄建築研究所。2002年コロンビア大学建築学部修士課程修了(AAD)。2002-2006年SHoPArchitects(New York)。2007年noiz設立。現在、東京と台北をベースに蔡佳萱、酒井康介とともにnoizを共同主宰する。建築を軸にデジタル技術を応用したデザイン、インスタレーション、コンサルティングなどを国内外で行う。2017年より建築・都市文脈でのテクノロジーベースのコンサルティングプラットフォームgluonを金田充弘、黒田哲二と共同主宰。

Matt Jezyk

Tesla


Teslaのシニアスタッフソフトウェアエンジニアとして、「Gigafactory」の設計と構築を担当している。彼は、設​​計、製造、建設のプロセスを円滑にするためのソフトウェアを開発している。 MattはRevit ArchitectureとRevit Structureの構築を支援し、Dynamo(計算設計)とProject Refinery(最適化と生成設計)の開発を担当するAutodeskのチームを率いる。 Dynamoは現在世界中で使用されており、多くのイベントや会議でこれらの技術を教えているユーザーの素晴らしいコミュニティを持っている。

Michael Hansmeyer

Computational Architecture


コロンビア大学で建築学の修士号取得後、INSEADにてMBAを取得。建築形態を生成して製作するためのアルゴリズムの使用を調査する建築家およびプログラマーとして活動する。彼の作品はポンピドゥーセンターとFRACセンターで常設展示されている。 ウィーンの美術アカデミーと南京のサウスイースト大学で客員教授であり、チューリッヒのスイス連邦工科大学(ETH)のCAADグループで講師として建築を教えていた。

3/20 DAY-2 Super Sensing Tech
Alanson Sample

University of Michigan


ワシントン大学で電気工学の博士号を取得後、同大学の科学工学科とIntel Labsでそれぞれ研究員として、ワイヤレス技術を用いたペースメーカーやIoT向け環境発電のシステムに開発に貢献。ディズニーリサーチでは主任研究員とエグゼクティブディレクターを務め、カーネギーメロン大学教授を経て現在はミシガン大学でヒューマンコンピュータインタラクションやサイバーフィジカルシステムなど幅広く研究している。

Haiyan Zhang

Microsoft


モナシュ大学コンピュータサイエンス研究科を首席で卒業。その後、Interaction Design Instituteで修士号を取得。エンジニアであり、同時にデザイナー、発明家として活躍。ソフトウェア開発からサービスデザインまで幅広く携わり、カナダExcel techや米IDEOを経て、現在はMicrosoftで新しいConnected Play体験の開発に関わっている。



Markus Fischer

MarkusFischer.Design


マルカスフィッシャーは2012年に設立した自身のスタジオで建築家、デザイナー及びデザインコンサルタントとして働いている。 2006年にはFesto社で 自然からの学びをテクノロジーに活かすことを狙いとして生物工学的学習ネットワークの研究チームを発足した。 生物工学的学習ネットワークはデルフト 大学をはじめ、様々な大学と共同プロジェクトを行っている。 彼の作品はニューヨークの近代美術館、ミュンヘンのドイツ博物館などで展示されている。 彼のTEDトーク”A robot that files like a bird” は700万再生を突破している。

中川 聰

tripod design


プロダクトデザイナー、デザインエンジニア。トライポッド・デザインCEO。 リード・ユーザー理論を駆使した独自のユニバーサルデザインの製品開発プロセスや評価法を構築し、内外の企業のデザイン開発に携わる。2015年より SUPER SENSING 理論 を構築し、センシングデザインの新領域の研究開発に携わる。2007年より東京大学工学系特任教授。2018年より特任研究員を務める。 一般社団法人スーパーセンシングフォーラム 代表理事。Future Brain Lab Project Organiser。

Schedule

企業トークセッション


日本の産業界において長らく課題とされてきた人材育成。
人が足りない・上手く引き継げない、など人材不足には全方位に問題があると言われています。
企業をリードする人間をどのように育成するのか。企業にとって良い人材とは何か。
日本を代表する企業のトップの方々に議論していただきます。

セッション参加企業

3/19 DAY-1

旭化成エレクトロニクス株式会社
THK株式会社
日揮株式会社
株式会社ポーラ

3/20 DAY-2

沖縄給油施設株式会社
JR東日本ビルテック株式会社
株式会社乃村工藝社
パナソニック株式会社AIS社

Facilitator

小泉 耕二

IoTNEWS


1973年生まれ。IoTNEWS代表。株式会社アールジーン代表取締役。 IoTコンサルタント。 大阪大学でニューロコンピューティングを学び、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)、Cap gemini Ernst & Young、テックファーム株式会社より現職。著書に、「2時間でわかる図解IoTビジネス入門(あさ出版)」「顧客ともっとつながる(日経BP)」がある。

Co-Organizer

中尾 政之

東京大学


1983年東京大学大学院工学系研究科産業機械工学専攻修士課程修了。同年、日立金属株式会社勤務、1989年HMT Technology Corp. に出向、1992年東京大学大学院工学系研究科産業機械工学専攻助教授、2001年東京大学工学部附属総合試験所教授を経て、2006年より東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻教授を務めている。

割澤 伸一

東京大学


東京大学在学中はセンシング情報を活用した工作機械の知能化について研究し、卒業後はウォータージェットを使ったナノ仕上げ加工や製品設計における文化の違いを工学的に紐解く生産文化研究を進めた。2000年に東京大学大学院工学系研究科講師、2003年に助教授となり、2015年から大学院新領域創成科学研究科の教授に就いている。現在は人間のストレス・リラックスや感情を始めとする人間を対象としたセンシング、心地よさを誘起する感覚刺激の研究を進めている。

ACCESS

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール



PRICING

  1日券 - ¥ 30,000

2日通し券 - ¥ 50,000

※【1日券】【2日間通し】共に軽食とインタビュー冊子付き。(インタビュー冊子は後日郵送)

DAY3&4
AI Robo Car WorkShop

3月21日(木・祝)と3月22日(金)は、小型のラジコンを使用したディープラーニングの体験会を開催します。本ワークショップで使用するRobo CarはPythonで記述された自動運転ライブラリです。「組み立てたラジコンを操作して教師データを作成」→「PC上で学習トレーニング」→「学習済みモデルを使用した自動走行」までを体験できます。

参加者へ向けて
※Google ChromeをインストールしたノートPCを持参してください。
※Robo Carは貸し出しとなります。
※21日と22日の内容は同じです。
※場所はDAY1,2の会場と異なります。
(東京都千代田区九段北1-14-17AMINAKA九段ビル3階)

お申込みに関しては、DAY1、DAY2の会場にて受付致します。

ご料金:¥10,000-