Future Brain Lab Project (主宰:中川 聰)は東京大学の協力を得て、各国の先端デザインとテクノロジーの専門家をゲストに招聘して、国際シンポジウム「DESIGN AND TECH FOR THE PLANET」を東京大学 伊藤謝恩ホールにて2019年3月19日(火) ~ 20日(水)に開催致しました。 国際シンポジウムを主催するFuture Brain Lab Projectは、我が国の産業やデザイン界における次世代の先端テクノロジーとデザインの研究開発を通じて、国際社会と将来の産業界により大きく貢献できる人材の育成を 目標に掲げ設立される事業開発活動です。 今回の国際シンポジウムは先端のコンピューターテクノロジーを活用した新たなデザイン理論であるGenerative Designと、センシングテクノロジーの未来を拓くセンシング理論Super Sensing Technologyの二つのテーマで構成されました。世界で活躍する8人の専門家による講演は、企業の研究分野からマーケティング分野に至るまで、幅広い領域で活用できる多くの知見を含むものとなりました。

Day1 Generative Design

Keisuke Toyoda

Keisuke Toyoda
- noiz -

David Benjamin

David Benjamin
- Columbia University -
- Autodesk Research -

Matt Jezyk

Matt Jezyk
- TESLA -

Michael Hansmeyer

Michael Hansmeyer
- Computational Architecture -



Day2 Super Sensing Tech

Satoshi Nakagawa

Satoshi Nakagawa
- tripod design -
- sensingnet -

Markus Fischer

Markus Fischer
- MarkusFischer.Design -

Haiyan Zhang

Haiyan Zhang
- Microsoft -

Alanson Sample

Alanson Sample
- University of Michigan -


Day3-4 AI Robo Car Workshop


国際会議に合わせて、AI Robo Car Workshopを開催しました。親子での参加も見られ、参加者はRobo Carの組み立てから教師データの作成、自動運転までを体験することができました。

workshop1
workshop2
workshop3
workshop4